モンスーンがもたらす躊躇(ためら)い (3)

インドは、東パキスタンの独立、即ち1971年のバングラディッシュの建国を後押したことや、カシミール地方での領地を廻る紛争等でパキスタンとの間で争い事が絶えませんが、ここではインドと中国との間の紛争に絞り、調べて見ました。                                        ...

モンスーンがもたらす躊躇(ためら)い (2)

古今東西における大戦争は、分析すると個別の勝因/敗因はあるものの、特に地理的に南と北との戦争においては、大半が北が勝利していることに気が付きました。 私が直ぐに思いつくのは、共和制ローマとカルタゴのポエニ戦争、中国の三国志時代の魏の勝利、アメリカの南北戦争, ナポレオンの露仏戦争、ヒットラーの...

モンスーンがもたらす躊躇(ためら)い (1)

中国との間で大きな事件となっている尖閣列島帰属問題は、日本領海内(島から半径22Kmの海域で日本の主権が及ぶ範囲)侵入や接続水域内(島から半径44Kmの海域で、領海に接続する一定範囲の公海海域で,警察,関税,衛生など国内法の履行を行使することが出来る範囲)侵入が常態化しており、ニュースに載せられても...

NO IMAGE

ひと休み

今までの投稿数は95にもなり、中国での生活や話題を加えるものも次第に少なくなって 来ました。 また日本の高度成長時代と同じ様なスピードで登りつめている中国は、既に私が書いている 過去の話とはかけ離れて来た部分も、少しずつ増えているかも知れません。 しかし、人々の日々の生活や考...

盾と矛の準備 (4/16加筆)

これは桂林で生活していた頃リョウさんから聞いた話ですが、内容が内容だけに私自身確認する術(すべ)も知りませんし、またスパイ容疑という危険も伴う事なので深入りは避けました。 (事例1)                                                        ...

日本へのお金の持出し (2)

私が調査したことがかなり専門的内容で、また中国の為替管理法が頻繁に変わる事、事前提出書類等実務上の対応が銀行により異なるため、ここでは総括的に見ても、如何に国外へのお金の持出しが大変かを理解して頂ければ幸いです。 (1)日本国内での元預金口座の開設 前回、「日本の都市銀行で、わざわざ『外...